Just another WordPress site

重厚感について

パンフレット制作における重厚感について

分譲マンションの販売を行う時に製作されるパンフレットは重厚感を与える事で高級感を高める事が出来ます。
例えば、パンフレット制作を行う時のデザインでは、黒を基調とした表紙デザインを作り上げ、その中心に分譲マンションの外観写真を掲載させる事で、マンションの重厚感を感じさせてくれるパンフレット制作が出来ます。

因みに、分譲マンションは物件が完成されてから販売されるケースも在れば、施工が行われている段階や更地の状態で販売が開始されるケースも在ります。

建物が完成していれば、完成済みの写真を使ってパンフレット制作が出来るわけですが、更地の状態や施工途中では外観の写真を撮影する事が出来ないため、写真を掲載して重厚感を持たせることが出来ないわけです。

建築物を設計する時は、従来で在れば製図道具を利用して手書きで設計図を書き上げていたわけですが、現代においてはCADによる設計が主流であり、CADには2次元のものと3次元の2種類が在り、3次元CADを利用して設計が行われることになります。

3次元CADと2次元CADの違いは、高さの情報の有無であり、3次元CADには幅、奥行き、そして高さと言う3つの情報から構成されているもので、建物の外観図などを、CADを利用して見る事が出来るようになります。

また、このデータに色付けを行うなど、CGを使って描写を行う事で、写真と同等の価値を持つ図を作り上げる事が出来ますし、CGの中で重厚感を加えるデザインを取り入れる事で表紙に魅力を付ける事も可能になります。

パンフレット制作を行う時には表紙デザインを作り上げたいと考える企業は多いものですが、パンフレットの表紙はこれからパンフレットを見る人への期待感や惹きつける魅力というものを取り入れる事が大切です。

表紙を見てパンフレットを手に取って中を見てみたいと思わせる惹きつける魅力、表紙を見て中を見たいと思わせる魅力、そしてパンフレットを見る事で何かいい事が有りそうと言う期待感を表紙の中にデザインとして取り入れる事で売れるパンフレット制作が可能になります。

また、分譲マンションのパンフレットは室内の写真なども掲載されることになるわけですが、建物が完成されていない場合は写真の撮影を行う事は出来ません。

しかし、表紙の掲載されている外観の写真と同じく3次元CADを利用したり、CGを利用する事で写真と同じような印象を得る事が出来る素材を作り上げる事が出来ると言うメリットが在りますし、CGであれば重厚感を作り出す図としての役割を持たせる事も可能です。