Just another WordPress site

見やすく、楽しく!

パンフレット制作は視覚的に見やすく、楽しく!

パンフレット制作というと自分の会社の商品やサービスを事細かにびっしり書きたくなるかもしれません。ですが、見る側つまりお客様からの視点に立つとよく分かります。あまりに色々な情報を詰め込みすぎても結局何が言いたいのか分からなくなる事があるという事です。それを避けるにはまず、伝えたい事を2つくらいに絞って下さい。これは少なくなればなるほど、その商品やサービスが視覚的に目立つようになります。

でもうちは1つだけではないからなと思うかもしれません。ですが、少なくていいのです。なぜなら他の商品やサービスついては来て頂いた時に話をして伝えればいいからです。パンフレット制作の目的は『お客様に来てもらいたい』という事が第一の目的です。もし、いくつも伝えたいという事であれば商品やサービスごとに作り配布した方が断然注目されます。

では具体的に視覚的にどうすればいいのかという事です。それは色を上手く使うとかなり目立つセンスのいいパンフレットが出来上がります。書店やインターネットでも色が人に与える印象や効果などを調べる事ができます。目立たせたい内容の回りは補色と言ってその色とは反対にある色で回りを飾ってみてください。例えば、黄色の文字であれば黄色の背景、ピンクの文字であれば緑の背景などいう具合です。

注意点もあります。目立たせる効果があるので多く使ってしまうと、それだけ目がチカチカするような物になってしまう事もあります。これじゃ少ないかなと感じるくらいがちょうど良いのです。他にもパンフレットや企業様の印象にも影響を出してしまう色合いです。背景を原色に近い色、薄めの色でそれだけも印象は変わってしまいます。

青は信頼や冷静というイメージを与えますし、オレンジなどの暖色と呼ばれているものはおいしそうなど飲食に向いている色です。
町の看板などを見てもらうと分かると思いますが、飲食店で青基調の看板はほとんど見ないはずです。それは人間の色彩感覚で
青は食欲を抑えてしまう効果があるからです。

この様にパンフレット制作と一言に言っても様々な要素を考えながら制作する必要があります。せっかく制作したものが空振りなんて経費も無駄になりますし、パンフレット制作に使った時間もかなり無駄になってしまいます。パンフレット基本である視覚的に訴えるという事を常に考えながら、パンフレット制作を楽しみながら行ってみてはいかがでしょうか。他にも書体も可愛いやかっこいいなどの印象に繋がってくるので、その辺も考えながら制作できるととてもいい物ができます。