Just another WordPress site

オリジナリティ

オリジナリティあるパンフレット制作するには

会社案内のパンフレット制作する場合にオリジナリティは重要です。就職活動において1人の学生がいくつもの企業のパンフレットを取寄せるので、どうしても他社のパンフレットと比較されてしまうからです。

ある程度お金がかかったとしてもプロにお願いしてパンフレット制作をしてもらうのが一番です。素人でも今の時代ならパソコンとプリンタを作って作れないこともないですが、どうしてもそれなりのものしかできません。

デザインやレイアウトだけでなく社屋や社員の写真撮影に至るまですべてプロにお願いするのです。
将来の有望な社員獲得のための先行投資となるのです。

パンフレット制作でオリジナリティを出すには自社らしさをしっかりアピールすることです。自社の製品やサービスの良さを明示するのです。また製品アピールだけではありません。学生たちが入社後の未来を具体的に想像できるよう、福利厚生について、どんな社員が働いているのかなどもアピールの対象になります。入社後は新人研修だけでなくさまざまな教育制度が整っていること、資格取得するためのバックアップ体制が整っていることなど、力を入れている分野があればそれをアピールしましょう。

その会社の製品が学生の生活に身近なものではないのであれば、こちらをアピールするほうが興味を持つ学生は多いでしょう。

同じ製品を売る他社もパンフレット制作はしています。その中でオリジナリティを出すには、競合他社との違いを明確にすることが大切です。同じ製品を売っているからといって働き方や働く人まで全く同じとは言えないのです。

その製品を作るのが夢である学生たちに、自社の方がおすすめであるということをアピールするには、その会社に入ったときのビジョンが明確になる分かりやすいパンフレット制作することや、その会社オリジナルのイメージキャラクターを使うのもよいでしょう。

社内の様子や社員の写真などを載せているだけで学生はイメージしやすいです。その際に、ただのスナップ写真というのではなく、プロが撮った明るい雰囲気の職場や和気藹々とした様子の社員たちが出ていればイメージはよくなるでしょう。

A4サイズが一般的な中で、サイズを少し大きくしたり、逆に小さくするのもよいでしょう。三角など形を変えて見た目でインパクトが強いものにするのもよいでしょう。ただ、将来その会社に就職しようかと考えている学生の場合、見るのは外面よりその中身です。質の良い内容のパンフレット制作をめざしましょう。